肌についた状態で光を浴びるとシミなどの原因になる光毒性を持つものが身近にありますので、シミを作りたくないなら注意する光毒性があるものとしては、精油やその精油の原料となる食べ物などがあげられます。

特に柑橘類に多いです。


精油は成分が濃縮されているため、特に注意が必要です。

光毒性を持つ精油として有名なのが、ベルガモット、アンジェリカ・ルート、レモン、グレープフルーツです。

レモンやライムなどソラレンという物質を多く含む食品は光毒性が強いです。

ソラレンは、オレンジなど柑橘類にも多く含まれていますし、セロリやパセリ、人参といった香りの強い野菜にも含まれていますので注意しましょう。

池袋のシミ治療の詳細情報となります。

光毒性は、デオドラント石けんに含まれているハロゲン化フェノールなど、薬品にもあります。
光毒性のある薬品が肌に残った状態で強い紫外線を浴びるのは危険です。

からきゅれ情報について詳しく解説しております。

夜に使用すれば問題ないものが、朝に使用すると大きなトラブルに繋がることもあります。



知らないでいると極端な方ではヤケドのようなトラブルに繋がるので光毒性について知っておくとよいです。

食べ物の場合、口のまわりに残っていて、それが紫外線などによりシミになってしまう可能性もあります。

レジャーに出かけて、強い日差しのもとでレモンティーを飲む、そんな些細なことがシミの原因になったりします。
ビタミンCたっぷりのレモンも、強い紫外線のもとでとったりすると肌には悪影響となります。

光毒性がある食品は、朝や日中に摂るよりも、夜に摂ったほうが安心です。

Copyright (C) 2016 シミを作りたくないなら光毒性に注意 All Rights Reserved.